MARDER 3
1941年6月、ソビエトに侵攻したドイツ軍はT34やKV-1戦車など予想外の強敵に遭遇。そこで、主力のIII 号やIV号戦車の戦闘力強化および新型戦車の開発を急ぐとともに、様々な対戦車自走砲の開発を進めました。中でもマーダーIII は信頼性の高いチェコ製38(t)戦車の車体にソ連軍から捕獲、改良した長砲身7.62cm砲を搭載。1000m離れた厚さ122mmの装甲板を貫通できました。1942年4月から1943年末までに350輌以上が生産され、北アフリカからロシアまで各戦線の対戦車砲部隊に配備、連合軍戦車に対して威力を発揮しました。
(タミヤ解説書より引用)

タミヤのマーダー3 完成です。
いつもよりトーンを抑えて仕上げてみました。
今までいろんなキットを組んできましたけど、組み立てがこれほど楽しいと思えたキットはありません。
パーツの精密さ、シャープさはもちろん、左右の組み誤りを避ける接合部の工夫等、本当によく考えられたキットです。
キャタピラもベルト式ながら全く問題なく、そのまま使用しています。
もう1台、サンド色を組もうかなあ。
(2009.6.25)



製作記