Marder II
マルダーII (独: Marder II )は、第二次世界大戦期にドイツが開発した対戦車自走砲である。
II号戦車がベースとなっており、7.62cmまたは7.5cm対戦車砲を搭載している。
マルダーは「テン(貂)」の意味。制式番号 Sd.Kfz.131および132。
資料によって表記はマーダーもしくはマルダーとなる。
バルバロッサ作戦の初期、ドイツ国防軍はI号対戦車自走砲や牽引砲などではなく、より強力な対戦車兵器の必要性を感じていた。
これはソ連がT-34やKV-1などを数多く投入してきた1941年後期には、より緊急のものとなった。
そこで、陳腐化した軽戦車や、鹵獲した戦車・車輌を改造するか、または旧型戦車の生産ラインを対戦車自走砲に切り替えるという決定がなされた。
こうして開発された一連のマルダーシリーズのうち、マルダーII は II号戦車をベースとしたタイプの通称で、武装と車体、使用シャーシの違いで二種類に大別できる。
最初に開発されたのは、「7.62cm Pak36(r)搭載II号戦車車台」の制式名を持つタイプであった。
これは改造自走砲を多く手がけるアルケット社により、II号戦車D/E型やその火焔放射戦車型からの改造、または新造シャーシを使って201輌が生産された。
主砲のPak36(r)L/51.5は、大量に捕獲したソ連のF-22野砲を対戦車砲として大幅に改造した物である。
薬室が改造されより装薬が多いPak40用の長い薬莢を使うことができ、また野砲であるため従来二人で照準操作を行うものを一人操作用に変更し、Pak40の配備に先駆けて新型ソ連戦車に対する有効な対戦車砲となった。
戦闘室後部は装甲板のものと、金網張りになっているものとがあった。
いかにも急造品といった感じの背の高い自走砲ではあったが、T-34に対抗できる貴重な戦力となった。
本車は当初Sd.kfz.131の制式ナンバーが与えられていたが、Sd.kfz.132に変更された。これに続くのが、II号戦車F型シャーシを使った制式名称「7.5cm PaK40/2搭載II号戦車車台」Sd.kfz.131である。
車体はヘンシェル社、戦闘室はアルケット社が開発、ラインメタルの7.5cm PaK40/2対戦車砲と合わせ、最終組み立てはファモ社によって行われた。
急増品然とした前作に比べ車高も低く、合理的なデザインとなり1942年6月に試作車が完成、直ちに翌月から量産に入った。
本車は新造シャーシを用いて576輌、回収されたII号戦車c、A、B、C、F各型を改造したものが75輌製造された。なお、製造数については531輌説がある。
有効な対戦車自走砲であったマルダーIIだったが、そのシャーシは自走榴弾砲であるヴェスペの製造に回されることとなり、生産終了した。
戦車猟兵大隊に配備されたマルダーIIは、終戦までマルダーIIIと共に第一線で戦い続けた。
また写真などで、II号戦車を現地改造して5cm Pak38を搭載したマルダーIIもどきの自走砲の姿が見られる。
(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用)

タミヤのマーダー2、完成です。
今回は透明レジン等を使わず、塗装だけで水を表現できるかという挑戦でした。
下地塗装に油絵の具で濃淡の表情を付けて、上からグロスポリマーメディウム(リキテックス社)を塗りつけました。
小波の表現にはブレンデッドファイバー(リキテックス社)を塗って、油絵の具の白をポイント的に使っています。
でも最大のコツは表面の滑らかさにありました。
何度も上からグロスポリマーメディウムを塗ったのですが、最終的に何か納得できなかったので、上からアクリルのクリアをエアブラシすると、筆ムラが消え、光沢が出てきました。
この光沢が水っぽさを出してくれたんです。クリアーさまぁ〜〜(壊)

製作記