Soviet T-20 Armored Tractor Komsomolets 1938 making


ホビーボスのコムソモレッツ、組み立て開始です。
今から16年前、AERというメーカーの、何とも言えない味のある箱絵と、ミニスケールか?と思うような小さな箱に惹かれてコムソモレッツを作りました。
まさかホビーボスの最新キットでコムソモレッツが組める日が来るとは、うれしい限りです。
キャタピラは1コマづつの接着連結式です。
(2016.3.26

ホビーボスのコムソモレッツ、組み立て完了
まんま素組みです。
素組みというのがなにやら罪悪感すら感じてしまう今日この頃・・・・・と言いながら、すっぴんです。
パーツも少なく、合いも問題ないので1日あれば組みあがります。
(2016.4.8)
土台の製作です。
@台座はファルカタ材で組んでいます。サーフェイサーエヴォ(ガイアノーツ)のオキサイドレッドを吹き付け、 WAVE ヤスリスティックSOFT #400でやすり掛けした後、再度、サフを吹き付けています。
Aウッドフォルモ(木粘土)とピートモス(植木用の土。100均で購入)と水と木工用ボンドを混ぜ、ペースト状に練ります。
土台には食いつきを良くするため、ドリルで穴を開けておきます。
B木工用ボンドを塗り、粘土を盛り付けます。
C草地には下草として、ピートモスをそのまま撒き、水溶き木工用ボンドを染み込ませました。
(2016.4.22)


ホビーボスのコムソモレッツ、塗装中です。
大失態です、ハカリスティ(鍵十字のマーク)の貼る方向が間違えてます。
白の縁は右と下につくのが正解とのことです。
あ〜恥ずかしい。
(2016.4.19)


車両の塗装完了です。
アクリルの艶消しをエアブラシしてデカ−ル保護して、ウォッシュはウォッシュブラウン(502アプタイルンク)をエナメルシンナーで薄めたものを面ごとに塗った後、すぐにティッシュで余分な絵の具を拭き取っています。(ちなみに最近は拭き取りにJKワイパー 150-S(日本製紙クレシア)を使っていますが一切、毛羽立たず 愛用しています)。AKインタラクティブのストレーキンググライムとMr.ウェザリングカラーのサンディウォッシュを使い、調子を見ながら汚しを重ねていきました。
(2016.4.23)




完成ギャラリーへ