Firefly IC  making


ダークグリーンが指定色ですが、なにかイメージが違ったのでMr.カラーのオリーブドラブ(モジュレーションセット)を使いました。
ハイライトには更に白を足して、ピンポイントで吹いています。
(2015.7.4)
装備品やキャタピラ等を塗装しました。
シート類はMr.ホビーの水性カラーのセールカラーを使いました。
エアブラシでセールカラーを吹いて、更に白を足したものをハイライトで吹いています。
この後の作業でも陰影は付けますが、基本塗装の時点で出来るだけ陰影を付けておくと、コントラストが派手になります。
(2015.7.5)

油絵の具でウォッシング、GSIクレオス Mr.ウェザリングカラーのマルチブラックでスミイレしました。
色合いがど〜も、よもぎ餅みたいで気に入らないんですが、更に汚していくので変わっていくと思います・・・・・・か?
(2015.7.12)

更に細かな傷や砂埃、雨だれを描き込んでいきました。
以前は影→ハイライト等、作業が工程化していたのですが、最近は少しづつ、描き込んでいく様になりました。
このほうがポイントを絞れるので、平均化することが防げて、自分には合っている気がします。

装甲キャタにAKインタラクティブのトゥルーメタル スティールを使ってみました。
今まで銀色にはヴァレホのシルバーを使っていましたが、こちらは油絵の具のような感じで、使い勝手がすごくいいです
金属の質感はタミヤのペイントマーカー(クロームシルバー)が好みなのですが、パレットですぐに乾いてしまうので最近はヴァレホを使っていました。
このトゥルーメタル スティールはチューブから出しても揮発してしまうことなく、質感も抜群だと思います。
(2015.7.14)


ファイアフライ、車両完成です。
今回は結構ハードに汚しました。
凹んだ部分に黒いスミイレと明るい砂埃を混在させることで、複雑な汚しが出来たように思います。
追加の汚しには明るめのパステルと油絵の具のバフ、それに石膏を少し加えて塗りました。
石膏を混ぜると筆目がくっきり残るので、エナメル溶剤を付けた筆で不自然な部分を落としていますが、パッキリとした明度が得られるので最近のお気に入りです。
(2015.7.19)


前のページへ
完成ギャラリーへ
GSIクレオス Mr.ウェザリングカラーのサンディウォッシュにピグメントを足したものを装甲キャタピラや車体にスミイレの要領で塗りって行きました。
AKインタラクティブのストレーキンググライムで汚しを描き込んでいきました。
(2015.7.12)



FireflyIC (making)