Sd.Kfz.184 Elefant (DRAGON) making
ドラゴンのエレファント、組み立て完了です。
ツェメリットコーティングがパーツに施されており、
横着なわたしにはぴったりのキットです。
また、モールドもランダムで、機械的になっていないところがいいです。
ボルトの部分等、コーティングがやりにくいところもバッチリ。

(2009.7.1)

ドラゴンのエレファント、フィギュアと土台製作です。
@フィギュアはドラゴンのものを基本にして、腕等はジャンクパーツから流用しています。ヘッドは1体を除きすべてドラゴンのものをそのまま使用しています。
Aスチレンボード3枚貼り合わせたものに、ウッドフォルモを盛り付けていきます。
B100円ショップで買った石をランダムに貼り付けています。
C植木用の土を撒き、水溶き木工用ボンドを染み込ませ、乾燥させます。(端っこにもマスキングテープを貼り、端っこの土がこぼれない様にしています)

(2009.7.22)




コーティング〜〜〜

フィッティング〜〜〜



車両完成です。
塗装の発色を考えてホワイトサーフェイサーを吹いています(モールドを潰してしまわないようにサッと吹いています)。車体下部やキャタピラ、影になりそうな凹んでいる部分を中心にマホガニーを吹いています。特にフェンダー裏等は重点的に吹いています。このとき、あまりはみ出し等は気にする必要はありません。
基本色はクレオスのダークイエローを吹いています。いつもであれば結構明度を上げるのですが、今回は少し白を控えてトーンを暗めにして重量感を出してみました。上面は側面よりも明度を上げています。
迷彩色はガイヤノーツのグリーンとブラウンを使用しています。エアブラシにアネスト岩田のCM-CP(ノズル口径0.23mm)を使用していますが、まるでペンで字を書くように細吹きをすることができるので、迷彩も楽に塗装することができました。
車体下部およびキャタピラの塗装はピグメントを使用しています。エナメル溶剤で溶いた暗い色のピグメントを塗り、明るい色のピグメントを載せていきます。車輪部分は綿棒で余分なピグメントを拭き取っています。

(2009.7.32)

ドラゴンのエレファント、フィギュア完成です。
塗装は、すべてアクリル塗料を使用しています。ヘッドは下地としてアクリルのダークイエローをエアブラシし、ファレホ(パンツァーエース)の肌色シャドウで影の部分を塗り、肌色ハイライトで凸部分を塗っています。軍服はタミヤアクリルのフィールドグレイをエアブラシし、ライフカラーのフィールドグレイに黒を足したものを影の部分に、白を足したものをハイライトに塗っています。アクリルは発色が良く、最近はフィギュアをすべてアクリルで塗装しています。水で薄めて塗装できるのも利点です。

(2009.8.6)


完成ギャラリーへ