三菱ふそうキャンター(T200系)2TON 昭和50年式 (フジミ) making
フジミの1/32 キャンター組み立て完了です。
パーツがシャープでビックリ!それに精度、組み立て易さは抜群です。
1日で組みあがりました。
ライト、グリル等はメッキ(フロントグリルのメッキは
キッチンハイターで落とす予定)、泥除け部分はゴムシート、細かいディティールも抜かりありません。
(ちょっとミラーステイは太いので真鍮線のほうがいいかも・・・)
これのダンプカーもあって、そちらも欲しいなあ・・・。


(2010.7.31)

フジミの1/32 キャンター サフ(ガイアノーツ エヴォ)を吹きました。
フロントグリルのメッキは、キッチンハイターに浸けると
数秒でメッキが剥がれました。
キットにはドラム缶やビールケース(これがまたよう出来てる)が各12個付いてきます。

しかし、トラック、人気が無いのかあまり反応がありません。(笑)
(まあ、ここはAFVの人が多いので当たり前・・か)
なんでトラックやねん!?」という声が聞こえております。(隣から)
どこへ向かっとんねん」という声も聞こえます(隣から)

(2010.8.1)
フジミの1/32 キャンター 車両完成です。
汚しも控えめにしたつもりなんですが、気が付いたらやっちゃってました(汗)
タイヤが「
どこ走ってきたん?」という感じに仕上がっております。
(2010.8.29)



完成ギャラリーへ
基本塗装終了です。
接着剤顔面シャワーのアクシデントにもめげず、ここまで来ました。
(ちょっと後遺症が・・・・)
タイヤがゴムのため、サーフェイサーがパリパリと割れてきます、
きゃ〜〜〜〜んた〜〜〜!
やっぱりトラックだけに、荷が重い!・・・・・寒

(2010.8.13)
フジミの1/32 キャンター ウォッシング完了です。
フィルターは油絵の具のローアンバーとバフで行い、ピンウォッシュはシャドーブラウンで行っています。
完全にAFV仕様での作業です。今回も綿棒は使わず、筆ではみ出したところをお掃除。
クリアパーツはエナメル溶剤で白化を避けるために「ブル・タック(ひっつき虫)」でマスキングしています。この後、
ドッティングとチッピングでやっちんぐです。(意味不明)


(2010.8.25)







凛とした、たたずまい・・・
嫁よ、男のロマンなんじゃ
お目目パッチリ
目に鼻くそが・・・