BEDFORD QL  GUN PORTEE making


イタレリのベッドフォードQLガンポーティ、組み立て中です。
このキットはずっとずっと作りたくて、でもカッコ良く作りたかったので、ずっとずっと作れなくて、今、やっと「作ってみてもいいかなあ・・・」という気分で作ってます。
元々はMAX模型から30年以上前に発売されたもので、当然、ヒケはあるし、組み立てにも少し苦労するけど、組みあがってくるとやたらかっこいい!
(2017.1.20)


イタレリのベッドフォードQLガンポーティ、組み立て完了です。
いや〜、かっちょいい!素組みですが、ここまで精密感の高い仕上がりは凄いです。
手を加えたところは泥除けを0.3mmのプラ板に替えたのと、厚さが厚いところは薄く削ったくらいでしょうか。
荷物はバリューギアのものを使用しています。
あと、6ポンド砲の留め金具を0.3mmの真鍮線で作り替えました。
(2017.1.25)
サーフェイサーを吹いただけですがカッコ良かったのでアップします。
(2017.2.1)



フィギュアの製作です。
ミニアートのフィギュアとホーネットのヘッドを使用しました。
運転席が狭く、そのままではとても収まらないので、ノコで切り刻んでなんとか入りました。
ノコは職人堅気(シモムラアレック)を使用してますが、ほんと、これがないとフィギュアのポーズ変更は出来ないです。
0.1mmの薄刃なので削り代がほとんどなく、短くならずに再接着できるので、関節で切るとポーズが自由自在です。
刃も鋭いので切るときには力が全く要らないのもビックリ!切断面も超キレイ!
値段は高い(3000円程度)ですが、充分価値があると思います。
(2017.2.7)



ヤシの木の製作です。
タミヤの5mm丸棒を芯に使用しました。
葉っぱを差し込む為に上部にはドリルで穴を開け、ライターであぶってヤシの木の幹らしく曲げました。
上部にエポキシパテを盛り、木工用ボンドを塗った上からタコ糸をぐるぐる巻きにし、目止めのために横にあったAKインタラクティブのデザートサンドを塗りつけました。(溶きパテでOK)
上部のイガイガな部分はネットで見た、すこっつさんがやってた方法(デザインナイフで格子状に切り込みを入れ、はさみでイガイガを切り起こしていく方法)で製作。
葉っぱは紙創りのココヤシの葉を使用。ライフカラーの緑や茶系をスポンジで色付けしました。
幹の部分はライフカラーで塗装した後、ウォシュしました。
葉の根元に麻ひもをほぐしたものを貼り付けています。
上部にあけた穴にエポキシボンドを注入し、葉っぱを付けて乾燥。
葉の形を整えて完成です。
(2017.2.12)



次ページへ