BT-7 1935(TAMIYA) making

BT-7 1935 車両完成です。
今回は達人のパク・・・参考にさせていただき製作したのですが、途中でわけわからんようになってしまい、結局、好きなようにやってしまいました。
ほんとはもっと色が濃く、緑なんですが、カメラが・・・カメラが・・・(これほんと)
ドッティングやってたら途中でかったるくなってしまい、油絵の具をドバドバと載せてしまいました。
大先生が「
塗装を様式化しちゃいかん!」とおっしゃってましたが、なんかわかるような気がします。
応用が利かないし、ワンパターンな(型にハマってしまう)仕上がりになってしまうんでしょうね、きっと。
わたしゃまだまだ人のパク・・・参考にしている段階なんで遠い話ですけんど・・・汗
(2010.8.17)
前ページへ

BT-7  フィギュア完成です。
顔が、見事な「
マスターボックス顔」と「ズベズタ顔」に分かれてしまいました。(笑)
この右のおっさんのワシ鼻はまさしくマスターボックス顔、戦車兵の岩顔はまさしくズベズタ顔ですな。
これでミニアート顔が来たらおもしろかったのに。



(2010.8.19)
完成ギャラリーへ

BT-7 1935 (TAMIYA) making