BT-7  土台製作です。
木工用ボンドを薄く塗り、ウッドフォルモを盛り付け、水溶き木工用ボンドをスポイトで垂らした上から、植木の土(100均 ピートモス)を撒きます。(画像左下)
乾燥後、スプレーのりを全体に吹いて、上からスタティックグラス(ほうきの先や鉄道用の草等をミックス)を載せていきました。
(コツとしまして撒くというより、
つまんで草が立つ様に押していく感じ・・・でしょうか)
上の部分は草が定着してないので、アクリルつや消しスプレーを吹いて、固定しています。
その後、ほうきの先を切って、
1本1本植毛していきました。
あ・・・ノイローゼじゃないです・・・・汗

(2010.8.7)
BT-7 フィギュア組み立てです。
歩兵はマスターボックスから2体をそのまま使用、戦車兵はズベズタのものを、腕を付け替えて使用しています。
マスターボックスのフィギュア、いいですね。
この撃たれた歩兵はバランスを崩して倒れている設定なんですが、上手く体重が移動しています。突撃している歩兵も大声を上げて突っ込んでいく様子がよく表現されています。
ズベズタのフィギュアも大好きで、このセットも良くできています。


(2010.8.3)
BT-7 1935(TAMIYA) making

ウォッシング完了です。
今回は全体にウォッシングせず、
ピンウォッシングしました。(新しいもん好きかよ)
綿棒ではなく筆で、はみ出た部分を調整したのですが・・・・めんどくさい
綿棒がやっぱ楽ですね。
この後、
ドッティング(だから、新しいもん好きかよ)に入ります。
ドッティングって、こけた音みたいな・・・(汗)
なかなか我流を崩すのは大変ですが、とりあえずやってみます。
でないと判断できないですしね。

(2010.8.16)
前ページへ
次ページへ
BT-7  基本塗装完了です。
あれこれ混ぜた緑を全体に吹き、その後、面ごとに明るさを変えて吹いています。
写真ではあまり判りませんが、上面と側面の明度はかなり変えてあります。
やりすぎか・・・と思いながら作業してたのですが、こうやって見ると全然おとなしいですね。
もっと、ドぎつくやっても良かったかなあ・・・・。

(2010.8.16)
絶妙な体重移動!
BT-7 1935 (TAMIYA) making