Attack and Attack making


瓦礫をぶちまけました。
結局、路面はほぼ見えず、石畳のモールドはどっかへ行ってしまいました。
それでも、ところどころ見えるので、無駄にはなりませんが・・・。

上画像@・・・プラ板にコルクのレンガを貼り付けて、ブロックを作りました。
上画像A・・・瓦礫は植木鉢を砕いて、ニッパーで手ごろな大きさに切っていきました
上画像B・・・エポキシボンドを土台に塗り、基礎になる瓦礫を撒き、しっかりと接着しています。
上画像C・・・建物裏面。水溶き木工用ボンドをひたひたになるくらいスポイトで垂らしました。

瓦礫の上に戦車が乗っているように見えますが、直接、瓦礫の上には乗っていません。
粘土でかさ上げして、戦車をフィットさせて、まわりに瓦礫を撒いています。
下画像はほぼ撒き終わった状態。
乾燥に丸一日。それでも接着が甘い部分があるので、再度、同じ工程を繰り返します。
(2015.9.21)
場面設定は、いろいろ迷った結果、ベタですがロシア軍の突撃シーンになりました。
タミヤの名キット「ソビエト歩兵進撃セット」はメジャーすぎるので、ズベズタからも数名、お越しいただきました。
混合チームで計10名、ご参加いただいております。
(2015.9.23)

タミヤ、ズベズダ混合チーム10名、セッティング完了です。(1名は砲塔の向こう側に隠れています)
ヘッドはオールホーネット(バンザ〜イ!)
(ヘッドは差し込んでいるだけで接着は未です)
この後、銃のスリングを追加予定。
(2015.10.3)


ベースにはMr.カラーのダークアースにフラットベースを混ぜたものを全体に吹き付けました。
T34/85にはサーフェイサーエヴォホワイト(ガイアノーツ)を吹き付けています。
(2015.9.28)
前ページへ
次ページへ