A13 Mk.2 CRUISER TANK Mk4(BRONCO) making
ブロンコのマークW巡航戦車(A13Mk.U)を製作しました。この個性的なシルエットは、発表されたときから「ぜひ、作ってみたい」と思わせるキットでした。
キットの内容ですが、パーツはシャープでキレが良く、ヒケ等も見当たりません。エンジングリルはエッチングがセットされています。前回のMk1がベルト式のキャタピラでしたが、今回は組み立て接着式になっています。
組み立てですが、今回追加工作した点はスモークディスチャージャーのコードを金属線で追加したのとアンテナ線およびライトコードとミラーのステイ部のパーツの強度を考えて、真鍮線0.4mmに替えた部分です。組み立てはパーツの合いがよいので、サクサク進みます。
注意すべき点としましては、
砲塔のアンテナの基部が細かいパーツとなっており、気をつけないと破損してしまう点と組み立て式キャタピラのパーツが細かく、組み立てに苦労する点でしょうか。また、キャタピラがうねった状態になってしまう恐れがあるので注意してください。ピンセットで組み立てると良いでしょう。
シャーシ後部に蝶ねじを接着するのですがここも強度を考えて、一度シャーシに穴を開けてから接着するほうが良いでしょう。

(2009.9.26)


塗装中です。
基本色はガイアノーツの灰緑色とクレオスのタンを2:1で混色して吹きつけています。
センターライトは
ブルータッグ(くっつき虫)でマスキングして塗装しています。


(2009.10.16)

リベットが特にイイ!

土台製作です。
@ファルカタの木で立ち上げ部分を作り、ラッカーニススプレーを吹き、乾燥後にマスキング。
植木用のウッドチップを木工用ボンドで貼り付けました。
Aフラットアースに白を加えたものを、全体にエアブラシ
B
永島健司さんにいただいた杉ゴケを木工用ボンドで貼り付けていきました。(永島さん、ありがとうございます。めちゃめちゃ重宝しております!)
C岩は明るい色で強めにドライブラシして凹んだ部分は濃い色を塗りました。

(2009.10.25)

永島さん、ありがとうございました!

ブロンコのマークW巡航戦車(A13Mk.U)、車両完成です。
デカールを貼り、つや消しスプレーでコーティングし、乾燥後、フィルターとして、油絵の具のネーブルスイエロー(クサカベ)とモノクロームチントクール(ホルベイン)を薄めて塗っています。ウォッシングは油絵の具のローアンバーをエナメル溶剤で溶いて全体に塗り、20分程度乾燥させた後、面棒で拭き取っていきました。
スミイレにはハンブロールの黒を薄めて使用、エイジングにはライフカラーを使いました。
キャタピラはエアブラシで出来るだけ吹き分けておいて、奥まった部分は筆で塗り、パステルで仕上げています。
チッピングにはファレホを使用。細い傷は油絵の具のローアンバーを使っています。
(2009.11.5)


完成ギャラリーへ