Pz.kpfwUAusf.F
 II号戦車はまずスペイン内戦でテスト運用された。本来は訓練用であり、本格的な主力戦車であるIII号戦車、IV号戦車が配備されるまでの繋ぎのはずであったが、これらの生産が間に合わず、第二次世界大戦開始時のポーランド戦から主力として実戦投入された。その後ヨーロッパ諸国、ロシア・北アフリカ戦線で非力ながらも戦い続けた。ハインツ・グデーリアンは後に「まさかこれら訓練用戦車で大戦に突入するとは思ってもみなかった。」と語っている。
軽武装・軽装甲であることから独ソ戦当時には戦車としての価値は完全に失われ、1942年をもって一部の派生型を除いて通常の戦車としての生産は打ち切られたが、その後も自走砲用として車台が生産された。
A〜C型系を装甲強化、機関砲が新型のKwk38になった。標準型II号戦車としては最終生産型。後にシャーシは自走砲に転用された。
(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用)

 タミヤの2号戦車F型、完成です。フィギュアはキットのものにレジンのヘッドをつけています。フィギュアを乗せているときに帽子のつばが折れてどっかへ飛んでいってしまい、プラ板で急遽作る羽目に・・・・・。
慌ててアルテコ瞬間接着パテを使ったら、古かったのか全然硬化せず、ズルズルに・・・・。
今日はええことないなあ。(しょんぼり)
(2007.3.11完成)

スライドショーへ
製作記へ