Pz.kpfwUAusf.C (Sd.Kfz.121)
第二次大戦初期の電撃戦でドイツ軍の快進撃を支えたのが II号戦車A〜C型です。最大装甲厚15mmのコンパクトな車体に2cm戦車砲を搭載した軽戦車でしたが、対ポーランド戦やフランス戦では III号戦車の不足を補って戦車部隊の主力として奮戦。フランス戦線では戦訓により多くの車輌が車体と戦闘室、そして砲塔前面に20mm厚の増加装甲板を 装着していました。(タミヤ解説書より抜粋)

タミヤ 2号戦車C型 完成です。
今回はジャーマングレーの練習で作ってみましたが、キットに歩兵フィギュア3体も付いていたのでイタレリの建物キットを使い、ディオラマにしてみました。
タイトルはa sudden attack(電撃作戦)です。
フランスの設定ですが石垣や建物がイタリアっぽくなってしまいました。
(2011.5.5)




製作記