2号戦車 D型
 名称こそ同じ2号戦車だが、標準型の2号戦車とは砲塔を共通とするだけで、まったく別設計の車体である。足回りは速度重視の設計要求に応えたもので、サスペンションはコイルスプリングではなく、より新機軸ののトーションバーをドイツ戦車として初めて用いている。(WW2戦車1 電撃戦  潟Rーエーより抜粋)
 Pz Kpfw that the name is the same It is 2 but it is Pz Kpfw of the standard model It makes a gun turret common only with 2 and it is the body of the different design completely. The underside responded to the design request of the speed thinking much and the suspension is not a coil spring and is using a torsion bar in the one of the innovation for the more first time as the German tank.

 2号戦車D型、完成です。フィギュアはドラゴンとICMのキットを使用。ヘッドはいつもレジン製に替えているのですが、今回は全員、ドラゴンヘッドを使用してみました。結果、思ったよりいい!って感じです。(ちょっと頭がズラっぱいのが気になりますが・・・汗)。いつものんびりシーンの情景ばかりだったので、緊張感を出そうと頑張ったんですが、左の笑顔のおっさんが雰囲気をぶち壊しています。なんで半笑いやねん・・・汗。
 Pz Kpfw 2 It is It is Ausf D, completion. The figure uses Dragon and the kit of ICM. The head was replacing with the one where it is always made from resin but this time, it attempted to use the head which is made from all the members, Dragon. The result, it worked out from thinking. Because it was always only the scene of the scene quietly, it thought that it let's present tension.

製作記へ
To the account of manufacture