Sd.Kfz. 251/1 Ausf.D
Sd.Kfz. 251 とは、ハノマーク社が 3t 半装軌車 (Sd.Kfz. 11) をベースに、戦車部隊に歩兵を追随させるために1937年から開発を開始した中型装甲兵員輸送車の制式番号を指す。
この制式番号がドイツの装甲兵員輸送車の代名詞となった。
ドイツ語で Mittlerer Schützen-Panzerwagen と表記される。
旧日本陸軍では同種の車輌を装甲兵車と呼んだ。
Sd.Kfz. 250 同様、1939年6月から生産が開始された旧型(A/B/C型)と、生産工数を減らすため形状が簡素化された1943年9月から生産開始の新型(D型)に分けられる。
総計15,252両ほど生産されたと言われ、装輪車輌と比べ良好な不整地走破性故に、戦車に追随する歩兵の輸送手段として装甲師団において重要な役割を果たした。
しかしより簡易で安価な米軍のM3ハーフトラックに比べ、装甲防御力では勝るものの、前輪に動力が無いのとエンジン出力で劣るため、より長い履帯や凝ったサスペンションを持ちながら不整地・泥濘地での機動性で負けており、複雑高価なわりには高性能とは言い難い面もあった。
251/1は歩兵10名を輸送可能。基本形となる装甲兵員輸送車であり、兵員10名を運搬可能。重機関銃型、ロケットランチャー搭載型、赤外線暗視装置装備型(ファルケ)も存在する。
(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用)

タミヤのハノマークD型 グランドスツーカ、完成です。タミヤの古いキットですが完成後はかっちょええの一言です。プラ製キャタピラとアンテナ付けたらまだまだ現役で海外キットに負けへんと思うけどなあ・・・・・。


(アーマーモデリング誌 2007年6月号に掲載されました)



製作記