4輪装甲偵察車 Sd.Kfz/222
 Sd.Kfz. 222とは、1936年から1943年の間に1000両ほど製作されたドイツの装輪式装甲偵察車。ドイツ語では Panzerspahwagen Sd.Kfz.222 と表記される。20mm 機関砲と7.92mm 機関銃を装備した大型砲塔が特徴。手榴弾避けの上面観音開きの金網カバーを開けば、対空砲としても利用可能。但し、搭載無線機は短距離用で、遠距離無線機付きの装甲自動車の随伴が必要だった。第二次世界大戦の全期間に渡り、あらゆる戦線で使用された。
(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用)

  タミヤのSd.kfz.222、完成です。仕上げにエナメルのデッキタン+マットブランコート+オドレスぺトロールを、やりすぎないように様子を見ながらオーバーコートしてみました。ところどころに生えてる草は、永島さんにいただいた杉ゴケです(重宝しております!)。今回の発見は、チッピングには細い筆を使っていたんですが、普通の筆(まとまりの悪い安物の筆)を使ってするとランダムに早くできるということです。これだと変に規則性がなく、かつ5倍は素早くできました。(2005.11.12完成)
(キヤコン2006銅賞受賞)
 It is Sd.kfz.222, the completion of tamiya. There attempted to be an overcoat while seeing how things are so as not to overdo the deck tongue of enamel to complete. The grass which has grown here and there is the stumble of the cryptomeria to have had from Mr. Nagashima. The discovery this time is the fact to be made to have been using a thin pen for the cutting edge chipping but to be early made randomly in case of being using the ordinary pen ( the pen of the bad flivver of the conclusion ). There was not regularity funnily and moreover it could have done to be quintuple quickly in case of being this. ( 2005.11.12 completion )
製作記へ
To the account of manufacture