1号戦車 B型
 1号戦車はドイツが第一次世界大戦後、初めて開発・生産した戦車である。最初の1号戦車は転輪が4つであったが、B型から転輪を一つ増やし、全長も長くなった。武装は機関銃2丁という貧弱なものであったが、速度は40kmと速く、最初から電撃戦を想定したものであった。なおベルサイユ条約によって戦車の開発を禁じられていたため、農業用トラクターの名目で開発された。


  1号戦車B型、完成です。今回は暑さを意識して塗装してみました。鉄板が太陽の熱で悲鳴をあげてる感じを出したくて、あれこれ試行錯誤しましたが、なんとかうまくいったように思います。「給油所へ」の看板はプラ板で作り、文字はへたくそなので嫁さんに「ちょっと書いて〜」と頼みました(感謝)。フィギュアは顔が隠れているので塗装は楽チンでした(笑)。
(2004.8.21完成)
製作記へ