M-12 155mm
 本自走砲は、機甲部隊の編成に本格的に着手したアメリカ軍が生み出した画期的な車両といえた。M3中戦車のコンポーネントを最大限活用した性能は申し分なく、42年3月にはまず50輌が発注された。44年6月のノルマンディー上陸作戦以降、ヨーロッパ戦線に送られ、アメリカ機甲師団の支援重砲部隊の一翼を担ってドイツ軍に巨弾を降らすことになった。

 155mm 自走砲 完成です。今回はドライブラシを初めてエナメルでやってみましたが、塗料の伸びもよく、思ってたよりうまくいきました。キットのデカールを貼ったのですが、これがどうもうまく行かずテッカテカに・・・・・滝汗。いつもの方法でつや消しするのですが全く効き目なし。仕方なく溶剤とペーパーでデカールを剥がし、タミヤのデカールを貼り直しました。死ぬかと思った・・・・・・・・。
(2003.9.30完成)
製作記へ