Panzerkampfwagen 1 4.7Pak2 Ausf.B
 I号戦車B型の車体にチェコ製4.7cm対戦車砲を搭載、対フランス戦や対ロシア戦初期、そして北アフリカ戦線で使用されました。1940年3月から1941年2月に1号戦車B型より220輌が改装されています。最初の実戦投入は1940年のベルギーおよびフランスで、1943年末頃まで使用されました。

 1号自走砲、完成です。墨入れをするつもりが、塗ってるうちに「えーい!」と、びしゃびしゃにウォッシングしてしまいました。このせいで、グラデ効果が台無しになったような気がします。エッジを中心にジャーマングレー+白でドライブラシした後、デカールを貼って、タミヤエナメルのダークイエローで少しだけ汚し、いつもの様にエナメルのパフ+ペトロールで軽くエアブラシしました。後ろに積んでいる荷物は、サランラップをたこ糸でしばった物で、(いわゆるこんぶ巻き!) フィールドグレーで塗ってます。(HJ誌のパクリ!)
(1998.12.3 完成)
製作記へ